[病院代表]
06-6905-8833
[地域医療連携室]
070-6924-8404

院長ブログblog

内視鏡検査には入院が必要?

内視鏡検査を受けるにあたって入院が必要かどうかは特に働き盛りの方には気になる事だと思います。


上部消化管内視鏡の場合

食道、胃、十二指腸を検査する上部消化管内視鏡では基本的に入院は必要ありません。検査自体は約5〜15分程度で終わります。また検査の負担を軽くするためにうとうとさせる鎮静薬を使った場合、鎮静薬の効果が切れて目が覚める検査後約1時間程度はリカバリールーム(休憩室)で休んだあと帰宅することができます。


下部消化管内視鏡の場合

大腸を検査する下部消化管内視鏡では前日の夜から下剤が始まり検査前に多量の腸管洗浄剤を飲みます。検査自体は約15〜30分程度で終わりますが、ポリープ切除など行えば時間がかかる事もあります。検査後鎮静薬が切れて目が覚めれば帰宅する事ができます。

約5mm以下のポリープはその場で切除します。その後の出血もほとんどないため入院しなくても大丈夫です。ポリープが大きかったり茎があったりするようなものであれば出血のリスクが高くなるため、出血しないかどうかの経過観察のため入院していただく事があります。

また検査前の下剤の内服を自宅で行う事に不安がある方は、前日から入院していただく事もできます。入院して行う事で気分不良時でも安心して検査を受ける状態になる事ができます。

入院しての検査については受診時にご相談下さい。