睡眠時無呼吸症候群 | 大阪府門真市 京阪電車古川橋駅 内科・消化器内科・循環器内科・呼吸器内科・放射線科 「医療法人正幸会 正幸会病院」

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

ホーム > 外来診療 > 睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは

睡眠は心身の休息、病気やけがの治癒、成長などに深く関わる、人間の生活にとって不可欠な行動です。しかしもし睡眠の質が低下しているために、毎日が睡眠不足の状態になっているとしたらどうでしょう。

SASの症状

次のような症状を感じる方は眠っている間に無呼吸状態になる病気、睡眠時無呼吸症候群(SAS)かもしれません。

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の定義

10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上ある場合に診断します。

SASの現状

日本における睡眠時無呼吸症候群の潜在患者は、約300万人いるといわれています。しかし実際にCPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法)治療を受けているのは20万人に留まっています。

SASの交通事故への影響

SAS患者は健常者に比べて交通事故を引き起こす確率が約7倍になります。さらにSAS重症患者は軽症患者よりも3倍多くなります。

生活習慣病への影響

SAS患者は様々な症状によって日常生活の質を下げていますが、もう一つの弊害と言えるのが生活習慣病への悪い影響です。

SASは生命に関わる重大な病気を引き起こしたり、悪化させたりするリスクであることが分かっており、SASを治療することはこのような生活習慣病を予防したり、改善したりするためにとても大切なことなのです。

SASの分類

①閉塞型
睡眠中に上気道が閉塞して気流が停止。最も頻度が高い(全体の90%)
②中枢型
呼吸中枢の機能異常によって無呼吸をきたす。
③混合型

閉塞型SASの原因

形態的異常
機能的異常
気道を構成している筋肉の保持する力が低下する。

SASの診断

当院ではこのような流れでSASの診断を行います。

簡易検査

自宅でできる簡易検査では呼吸状態、いびき、血中酸素飽和濃度を調べることによってSASの有無を診断します。

自宅での検査が済めば検査機器を病院にお持ちください。それから検査結果の解析に約3日のお時間をいただきます。

料金

3割自己負担の方 約3,600円
1割自己負担の方 約1,200円

精密検査(1泊入院)

ポリソムノグラフィー Polysomnography:PSG

脳波、筋電図、呼吸運動、血中酸素量等を記録するための電極を頭部、目の周り、耳の後ろ、あご、胸、腹、手に取り付けて寝ていただき、一晩中睡眠と呼吸の状態を調べます。痛みは全くありません。

当院の検査機器は小型化された最新機種のため装着後の自由度が高く、トイレ等の行動制限もなく検査できます。

検査入院の流れ

18時~18時30分頃
入院当日は昼寝をせずに夕食、入浴をすませてご来院いただきます。パジャマ、タオル、コップ、歯ブラシ等洗面用具、スリッパはご持参ください。
早朝退院のため会計にて事前精算願います。
病室案内、バイタルサイン測定、入院診療計画説明を行います。
19時~
専門技師による検査機器装着(30分から1時間程度)、検査開始
翌朝6時~
起床後に検査機器を取り外します。そのままご退院いただいて結構です。

検査結果の解析に約10日のお時間をいただきます。
検査結果および今後の治療方針は外来にて医師よりご説明いたします。

料金

3割自己負担の方 約3万円
1割自己負担の方 約1万円

SASの治療

SASを治療する意義は大きく2つです。

  • ①症状を改善して日常生活の質を向上させる
  • ②生活習慣病を予防あるいは改善させる

生活習慣の改善

禁酒、禁煙、食事制限や適度な運動によるダイエットなど

口腔内装具(マウスピース)の装着

外科手術(扁桃腫大、アデノイド等)

CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法)

中等症~重症のSASに対してCPAP療法が治療の第一選択と言われています。その他の治療では効果が不完全であったり、一旦改善してもまた症状が増悪する場合があります。当院ではCPAP治療を行っています。

CPAPは鼻マスクを介して、陽圧を加えた空気を送り続ける事で、上気道を広げ閉塞を防ぎます。広げるための圧力は患者さん個々に異なります。
治療を開始したその日から症状改善効果が得られます。

CPAPを継続して行うことが大切です。

CPAP治療を行うことによって生活習慣病を予防、改善することができ、死亡率が下がります。

ページトップへ

レスポンシブウェブデザイン